So-net無料ブログ作成
白わいん[ブルゴーニュ] ブログトップ

マコン・ウシジィ2008 [白わいん[ブルゴーニュ]]

ANAホテルのシャンパンバーに行きがてら、2階にあるエノテカにふらりと立ち寄り物色していると、店員さんが「何かお探しですか?」と寄ってきたので、「コート・シャロネーズはありますか?」と聞いてみると、置いてないとのこと。
替わりに薦められたのが、マコネー地区のワイン。
(ワインショップに行くと、何故かシャロネーズ地区はなくてもマコネー地区は置いてあることが多い。
価格的には同程度なんだけど、マコネーの方が知名度が高いのか、カジュアルな味わいを好む人が多いのか・・・)

ということで、その時買ったのがこちら。
『マコン・ウシジィ・レ・マランシュ2008』(アペラシオンは、マコン・ヴィラージュ)
造り手は、ボーヌの超メジャーなコント・ラフォンがマコネーで設立した、レ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォン。

Macon-Uchizy2008.jpg Macon-Uchizy2008-2.jpg

ビオディナミ独特の、すり下ろしたリンゴが少し時間が経って酸化したような香りもありますが、それほどビオビオ感はなく、むしろそのすりリンゴ感がフレッシュさを出している感じ。
マコンと言うと、フレッシュ&ライトで果実味豊かで、ミネラル感と酸はやや緩めのカジュアルなワインというイメージですが、ほどよいミネラル感と酸が味わいに奥行きとメリハリを持たせてて、ちょっとマコンらしからぬ洗練感のあるワンランク上の感じ。
ブラインドで出されたら、ボーヌの村名クラスと思うかも…という程ではないけれど(笑)

at Home


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ぷいぃ・ふゅいっせ…て、何か名前がかわいいよね♪ [白わいん[ブルゴーニュ]]

ブルゴーニュの白が好きです。特に、コート・ボーヌ。でも、ボーヌは普段飲みするにはちょっと高い。
なので、普段飲みはボーヌがあるコート・ドール県の南のソーヌ・エ・ロワール県のワインも多い。
ソーヌ・エ・ロワール県にはコート・シャロネーズ地区とマコネー地区があり、基本、シャロネーズが好きですが、マコネー地区でもコクのある重厚タイプのプイィ・フュイッセとか好き♪

とうことで、ヴェルジェの「プイィ・フュイッセ テロワール・ド・ヴェルジッソン“ラ・ロッシュ”2011」

Pouilly-fuisse2011_1.jpg Pouilly-fuisse2011_2.jpg

熟した柑橘類や白桃あたりの果実の香り、白い小ぶりの花の香り、少し樽の香り。
成熟した果実味と、豊かな酸味(と言っても、ボーヌに比べると柔らかいですが)。後半に広がるミネラル感が綺麗にまとめるのでカジュアルになりすぎない感じ。力強く生き生き、余韻も長めで、これは美味い♪

2010年の方が酸が豊かで好きなバランス感でしたが、2011年も親しみやすい感じでよいかな?
どっちにしても、あと数年置いてから飲みたい感じですが・・・飲んじった~σ(^◇^;)。

at Home


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
白わいん[ブルゴーニュ] ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。